診療案内

  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • リウマチ科
  • スポーツ整形外科
  • 骨粗しょう症治療
  • ロコモーティブシンドローム
  • 痛みの治療
  • 各種検査・先進医療

診療案内



痛みの治療 / Treatment of the pain

痛みをなくすために最適な医療を提供します

当院ではこれまでの経験をふまえ、何種類もの治療パターンを組み合わせて、皆さまのからだの痛みの軽減のために、患者さまひとり一人と向かい合い、最適な治療を提供していきます。
これまでの治療で痛みがなかなか解消されなかった方、当院へお気軽にご相談下さい。



こんな症状でお困りなら・・・

頸部・肩・上肢痛

頚椎椎間板ヘルニア、変形性頸椎症、頚椎症、 胸郭出口症候群、むちうち、五十肩、肩こり、 手のしびれ、手の冷感 など

腰・下肢痛

腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、腰椎分離、すべり症、股関節炎、膝関節炎、下肢血流障害、足のしびれ、足の冷感 など


治療法

神経ブロック注射

神経ブロック注射とは麻酔薬を神経の近くに注射し、痛みの伝わりを遮断・ブロックするものです。
それにより、知覚神経、交感神経、運動神経などの緊張や興奮を取り除き血液循環が改善されます。そこから、身体の本来の治癒能力を高め、痛みの悪循環を改善し、痛み、しびれ、不快感が軽減されていきます。

神経ブロック治療の有効性

痛みが発生すると局所の血行が悪くなり、痛みを起こす物質や代謝産物が多量に溜まります。
神経ブロック治療は痛みの部分の血行を改善して、これらの物質を一掃するよう働きます。

トリガーポイント注射

肩や背中、腰などのトリガーポイント(圧痛点:押すと強く痛む部分)に局所麻酔剤を含む薬液を注入します。
トリガーポイントは、その周辺や、少し離れた場所に関連痛(放散する痛み)を発生させることがあり、肩や背中、腰の痛みが数カ月続いている状態を筋筋膜性疼痛症候群といいます。
トリガーポイント注射をおこなうことで、痛みを除去する効果が期待できます。
まれに点滴後にしびれやだるさの症状が出る場合がありますが、神経に局所麻酔が影響したためで、数時間で症状は消失しますので心配はいりません。


Page Top